安全互助会会則

千葉市PTA安全互助会会則

第1章 総則

(名称)
第1条 本会は千葉市PTA安全互助会という。
(事務所)
第2条 本会の事務所は千葉市PTA連絡協議会(以下「市P連」という)事務局内に置く。
(会員)
第3条 本会の構成員(以下「加入PTA」という)は市P連に所属し、本会の趣旨に賛同するものとする。
2 本会への入会および会費納入については細則で定める。

第2章 目的および事業

(目的)
第4条 本会は、加入PTAの活動と認められる事業中に発生したPTA会員の負傷、後遺障害、または死亡など(これを「災害」という)に対する応分の金銭給付、
その他役員会が特別に認める事業への支出を行い、もってPTA活動の円滑な実施に資することを目的とする。
(事業)
第5条 本k内は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)PTA互助会員のPTA活動中における事故に対する障害保険金、賠償保険金の給付。
(2)その他本会の目的を達成するために必要な事業。
(3)千葉市PTA連絡協議会への助成。

第3章 役員

(役員)
第6条 本系に役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 若干名
(3)会計 1名
(4)書記 2名
(5)監事 2名
2 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。欠員を生じ、補任した場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員の選考は、市P連役員選考委員会が兼ねて行う。
(役員の職務)
第7条 会長は、本会を代表し、会務を統括し執行する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名する副会長が職務を代行する。
3 会計は本会の会計を管理する。
4 役員会は、会長、副会長、会計、書記および監事をもって組織し会務の審議にあたる。
5 監事は会計を監査し、その結果を千葉市PTA安全協議会代議員総会に報告する。
6 監事は、役員会に出席して意見を述べることができる。ただし、議決に加わることができない。
第8条 役員が任期を満了した場合、後任者が就任するまでは前任者がその職務を行う。

第4章 代議員

(代議員)
第9条 本会に代議員を置くことができる。
2 代議員の定数は、加入PTAから1名とする。

第5章 会議

(会議の種類)
第10条 本会の会議は代議員総会、役員会とする。
(代議員総会)
第11条 代議員総会は役員および代議員をもって構成し、毎年の市P連総会時とする。
但し、会長または役員会において必要と認められたときは、臨時に開催することができる。
2 代議員総会は次の事項を審議する。
(1) 本会の運営、事業計画に関する事項
(2) 予算、決算および会費の決定
(3) 会則の改廃
(4) 役員の改選
(5) その他必要な事項
3 代議員総会は審議の一部を役員会に委任することができる。
(役員会)
第12条 役員会は会長、副会長、会計、書記および監事で構成し次の事項を審議する。
(1)代議員総会に付議する事項
(2)代議員総会から委任された事項
(3)細則の制定および改廃に関する事項
(4)その他事業執行に関する事項
(定足数と議決)
第13条 代議員総会は加入単位PTAの数の半数以上(委任状を含む)、役員会は定数の
3分の1以上の出席者で成立し、議決は出席者の過半数の同意で決定する。

第6章 審査委員会

(審査委員会)
第14条 本会に千葉市PTA安全互助会審査委員会を設けることができる。
2 審査委員会はPTA安全互助会員および学識経験者若干名で構成し、委員は会長が委嘱する。
3 審査委員は必要に応じ会長が招集する。

第7章 事故障害補償

(補償)
第15条 PTA活動に伴う災害と賠償責任の範囲および補償額は損害保険会社の定める約款による。
2 その他、見舞金を支払う必要があれば審査委員会で決定する。

第8章 会計

(会計)
第16条 本会に「千葉市PTA安全互助会会計」を置く。
2 「千葉市PTA安全互助会会計」の経費は次に掲げるものをもってあてる。
(1)会費
(2)寄付金
(3)運営基金
(4)その他の収入
(会計年度)
第17条 本系の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。

第9章 会計監査

(会計監査)
第18条 本会の会計監査は年1回とする。但し、監事が必要と認めたときは臨時に監査を行うことができる。

第10章 事務局

(職員)
第19条 本系の会務処理をするために、事務局を設け職員若干名を置く。
第20条 職員は会長が任命する。

第11章 補則

(補則)
第21条 この会則に関し、必要なときは役員会の議決により細則を定めることができる。
附則 この会則は平成10年4月1日から施行する。
平成11年5月29日一部改正(第6条・第11条・第13条・第15条)
平成12年6月1日一部改正(第14条4)
平成14年6月7日一部改正(第3条・第5条・第6条)
平成16年6月4日一部改正(第6条3を追加)
平成19年6月1日一部改正(第14条・第15条)
平成24年6月1日一部改正(第3条)

千葉市PTA安全互助会細則

(目的)
第1条 千葉市PTA安全互助会会則に基づき、互助会事業の推進と実施を目的に必要な事項を定める。
(会費と納入)
第2条 会員より一世帯あたり120円を徴収する。このうち91円は損害保険料とし、29円を会費とする。
2 会費は会の運営に当て、一部を基金として積み立てる。なお、基金積み立てに関することは細則に定める。
3 本会を脱会した場合は、保険料は保険会社規定に基づき返戻するが、会費の返還は行わない。
4 保険料および会費の納入は所定の口座に振り込むものとする。
(加入方法)
第3条 本会への加入は、単位PTAごとに、全員加入を原則として所定の加入手続きをする。
故人の直接加入ができない。
(会員の期間)
第4条 本会の会員資格は毎年5月1日より翌年4月30日までとする。
(事故傷害見舞金の給付範囲)
第5条 PTA活動に伴う災害と賠償席にの範囲、支払額の認定は、引き受け損害保険会社の定める
約款による。また、補償額は別紙に定める。
付則 この細則は平成10年4月1日から施行する。
平成11年5月29日一部改正(第6条)
平成14年6月7日一部改正(第2条・第5条・第6条)
平成19年6月1日一部改正(第6条削除)
平成24年6月1日一部改正(第3条)
平成28年5月26日一部改正(第2条)

運営基金積立に関する細則

(制定)
第1条 運営基金の積立に関することはこの細則による。
(目的)
第2条 本会の運営が支障なく円滑に行われる運営基金を設ける。
(基金)
第3条 運営基金は、互助会の一部および寄付金等によるものとし、会費のうち運営費・事業費
を除いた額を積み立てるものとする。但し、積立率は会費の15%を下回らないものとする。
千円未満の金額は切り捨てとする。
(保管)
第4条 運営基金は金融機関に預け入れ保管するものとする。
(管理)
第5条 運営基金は会長、副会長、会計が責任を持って管理するものとする。
(監査)
第6条 運営基金は毎年本会監事の監査を受け、総会に報告しなければならない。
(特例)
第7条 この細則に定めるもののほか、必要な事項は役員会に諮って決める。
付則 この細則は平成10年4月1日から施行する。
平成11年5月29日一部改正(第3条)
平成14年6月7日一部改正(第3条)
平成17年5月31日一部改正(第3条)

日本PTA関東ブロック研究大会



ピックアップ記事

  1.  本年度発足した「子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体連絡会」、通称「子ども支援千葉市...
  2. 10月7日(土)午前9時から千葉公園体育館において、第40回バレーボール大会を開催しました。
  3. 9月7日付で市内各小中特別支援学校のPTA会長様宛に、11月10日(金)千葉市民大会大ホールで行いま...

アーカイブ